ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

緊急避妊ピルを飲む時間と効果について

緊急避妊ピルというものを、ご存知でしょうか。
これは、避妊に失敗した場合に、性交後に服用することによって、望まない妊娠を避けるホルモン剤です。
アフターピルやエマージェンシーピルといった名前で呼ばれることもあります。
現在、日本では約15.5%の女性が人工妊娠中絶を経験していると言われています。
妊娠というのは本来おめでたいものなのですが、心の準備ができていない状態で望まない妊娠をすることは、やはり避けるべきです。
緊急避妊ピルは、そういった望まない妊娠を避けるための薬なのです。
緊急避妊ピルは医師の処方箋が必要な薬です。
避妊に失敗した性交から72時間以内に服用する必要があります。
薬の種類によっては72時間以内に一回、12時間後にもう一回服用しないといけないものもあります。
服用するタイミングがずれたりすると、効果が思うように得られませんので、必ず医師の指導に従って服用してください。
効果は必ずしも100%というわけではありませんが、医師の処方に従って服用すれば、高い確率で妊娠を避けることができます。
緊急避妊ピルの避妊効果が得られたかどうかは、月経で分かります。
緊急避妊ピルを服用すると、早い人では数日後には出血があります。
一般的な人でも服用して3週間以内か、もしくは次の月経予定日と同じくらいの時期に出血が起こります。
出血が起これば、避妊は上手くいったと考えて良いでしょう。
緊急避妊ピルを服用する際には、服用する時点で既に妊娠していないかを確認する必要があります。
既に妊娠している場合には、効果は得られませんので注意が必要です。
また、他の薬との併用は避けた方が良いです。
他の薬と併用する際には、必ず医師に相談してください。
そして、服用する時間や用法・用量をきちんと守って服用するようにしましょう。