ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

ピルを飲み忘れた場合の対処法

ピルを飲み忘れた場合の対処法ですが、いろいろなパターンがあるので、一つずつ説明をしていきます。
まず、手元にある飲み忘れた錠剤が1錠であり、本来の服用時間から12時間以内に気がついた場合には、すぐに忘れていた分を服用することができます。
そのときには、次の錠剤を正規の時間に飲むことを忘れないようにすることが大切です。
このときの避妊の効果は持続しています。
また、本来の服用時間から24時間以内に飲み忘れていることに気がついた場合にも、すぐに忘れていた分を服用することができます。
このときも、2錠目のピルを正規の時間の飲むことを忘れないようにしなければいけません。
このときの避妊効果ですが、持続していない場合もあるので、そのほかの避妊方法も一緒に併用することが大切です。
次は、新しいピルのシートを使う時期が遅れてしまったパターンの飲み忘れです。
この場合も、本来の服用の開始から12時間以内に気がついた場合は、すぐに忘れていた分のピルを飲むことができます。
2錠目も飲み忘れないようにすることが大切です。
この場合の避妊効果は持続しています。
そして、忘れていたことに気がつくのが24時間以内の場合ですが、この場合もすぐに忘れていた錠剤を飲むことができます。
このときの避妊効果は持続していない場合があるので、一週間から二週間は他の避妊方法を併用することをおすすめします。
そして、本来の服用時間から24時間以上たってから気がついた場合ですが、すぐに忘れていた錠剤を2錠飲みます。
そして、この場合も避妊効果が持続していない場合があるので、一週間から二週間他の避妊方法を併用することが大切です。
飲み忘れがなように注意することが大切です。