ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

ピルを急に服用中止すると避妊に失敗してしまうことも

ピルというのは毎日継続的に飲み続けていくことによって、妊娠のリスクを減らしていくことが出来る薬です。ピルをしっかりと続けて服用していくことで、セックスによって妊娠してしまうことはほとんどなくなります。しかし女性が副作用がきつい等の何らかの事情で急に勝手に服用中止してしまった場合、避妊に失敗してしまうことがあり得ます。特に服用中止してすぐのタイミングでセックスをコンドームなしでした場合、避妊に失敗して妊娠してしまうリスクはかなり高くなっていると言えるのです。
ピルは確かにかなりの避妊成功率を誇る優秀なアイテムですが、あくまでも飲み続けることでその効果を発揮することが出来るものなのです。なのでどんな理由があるにしろ素人が医師の指示に従うでもなく勝手に服用中止してしまうことは、絶対にするべきではないのです。高いお金を払ってピルを手に入れて服用をしているのですから、万が一避妊に失敗して妊娠してしまえば、それまでのかかったお金も苦労も全て水の泡になってしまいます。なのでどうしても服用中止しなければいけない事情があるのならば、まずは医師に相談してからにするべきです。それから医師に相談した結果やはり服用中止するべきということになったのならば、セックスを控えるかしっかりとコンドームを装着してセックスをする必要が出て来るのです。ピルを服用していない以上、コンドームをつけずにセックスをしてしまえば妊娠する恐れが出てくるからです。
ピルも所詮は薬ですから、どうしても女性によっては合わないという人もいるでしょう。その場合は止むを得ず服用中止することになりますが、かわりの避妊方法を見つけなければいけないのは言うまでもないことなのです。