ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

ピルは不妊治療に使用される一方で眠気など副作用もある

ピルといえば避妊薬、という認識はもはや時代遅れの考え方です。

もちろん避妊効果があることも確かですが、それ以外にも多くの副効用があるため、最近では避妊目的でなくそれ以外の副効用のために服用している人も増えています。

ピルは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、それが体内に大量に入ってくることで体を妊娠したと勘違いさせてホルモンバランスを整え、体の様々な不調を軽減していきます。

そのため、ピルの服用で妊娠初期に起こりやすい吐き気や胸の張り、眠気などの症状が出ることもありますが、それもピルの飲み始めに最初に限ったことで、薬が体に慣れてくることで眠気や吐き気なども落ち着いてきます。

しかし、長期間飲んでいるのに吐き気や眠気などの症状がなくならない場合には婦人科で相談しましょう。
ピルにはたくさんの種類があり、中には体質に合わないものもありますので、ほかの種類のピルと変更してもらえば症状もなくなる場合があります。

それ以外に、ピルは病気予防としての役割や、不妊治療などにも使用されています。

特に、女性特有の体内機関である卵巣嚢腫や子宮筋腫、子宮内膜症などの軽減や予防になったり、卵巣機能不全による不妊治療などにも有効だと言われています。

不妊の原因として、過多月経や月経困難症が考えられることもあり、ピルを服用することでそれらの症状を改善することが、結果的に不妊治療につながるのです。

婦人科で処方してもらうのが一般的ですが、最近ではネットでの販売やオンライン処方なども流通しています。
しかし、初めて服用する場合は、やはり一度婦人科で検査を受けて、服用しても大丈夫と判断されてからが良いでしょう。
自己判断や自己責任で服用するのではなく、婦人科で診てもらってからにするのが望ましいでしょう。