ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

ピルの種類と選び方について

ピルは経口避妊薬のことで、いくつかの種類があるので選び方が難しいと感じる人もいるでしょう。
ピルの種類はホルモン量の違いによって、高用量ピル、中用量、低用量の3種類があります。
高用量や中用量のものは、ホルモン異常の病気のときに利用するものでホルモン量が多くなりますので、医師の指示の元で使用することになります。
一般的にピルと言ったときには低用量ピルのことを指しており、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量によって配合が同じの一相性のものと、何段階に分けて服用する三相性のものとがあります。
28日間の錠剤量の違いによって、21錠タイプのものと28錠タイプのものに分けられます。
21錠タイプのものを服用するときには、3週間の服用を行ってから1週間休むことになります。
28錠タイプの場合には休薬時においても服用を行う偽薬が含まれていますので、28日間毎日飲むことによって飲み忘れを防ぐことができます。
選び方としては飲み忘れを防ぎたい人は28錠タイプ、偽薬であるフラセボを飲むのが嫌な人の場合や、携帯するための数が少ないほうが良い人の場合には、21錠タイプが良いと言えます。
最も人気のあるもので副作用が少なく、不正出血などの可能性を抑制してくれるものがあります。
子宮内膜を安定させる効果がありますので、子宮に優しいものが良い人の場合におすすめです。
他の経口避妊薬を使用したときに副作用が出てしまったことがある人の場合には、別の種類のものを服用する選び方もあります。
避妊効果に加えて、ニキビや更年期障害を抑制させる作用や、ムダ毛を軽減させる効果もあります。
血栓症を発症してしまう可能性がありますので、過去に血栓症の病歴があるときには別の種類のものを選択することをおすすめします。