ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

ピルと胸の成長と少量の出血

避妊のためにピルを服用したいという人はたくさんいるのですが、病院などで現在処方されているのは低用量ピルとなっています。低用量ピルの場合は体重が増加することはほとんどないと言われています。しかし、含まれている成分によって体内に水分を溜めやすくなるため、胸にハリが出て大きくなったと感じることがあります。もちろん効果の出やすさについては個人差がありますし、全ての人が胸の変化を感じるというわけではないでしょう。また、同じ低用量であっても、発売しているメーカーによってホルモンの量などが異なっているため、効果や副作用なども変わってくるのです。ちなみに、月経困難症などの症状を緩和させるため、若い頃からピルを服用していたという場合、胸の成長期とピルの服用が重なることもあります。そのためピルによって胸が大きくなったと勘違いしている人もいるということです。ピルには生理の出血を止めようとする作用があるため、生理の途中で飲むと出血が終わってしまうことがあります。しかし、特に問題はないとされているため、そのまま飲み続けましょう。ピルを飲み始めてからずっと少量の出血が続くという場合、心配になってしまうこともあるかもしれません。飲み始めの頃は生理がすっきり終わらないことにより、少量の出血がしばらく続くことがあります。しかし、この少量の出血はそのうち止まるものですし、2シート目以降からは起こりにくくなるため、あまり気にせずに飲み続けると良いでしょう。ちなみに、飲み忘れがある場合や相互作用のある薬を飲んだ場合、ホルモンの血液中の濃度が下がって不正出血が起きてしまうことがあります。しかし、きちんと飲んでいても不正出血が起きた場合、検査を受けてみると良いでしょう。