ピルでがんを予防しましょう

ピルには長期間の利用により子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症を低下させてくれるという作用があると言われています。ニキビや多毛症が改善される作用もありますので避妊や生理不順以外の方も使用するといいでしょう。

ピルでがんは予防できる?

ピルは女性ホルモンが主成分として使用された医薬品であり、主に避妊や、子宮を休ませて不妊治療を行う際などに活用されることになっています。
これまではあまり一般には浸透していない部分もありましたが、現在ではこうした健康に関する啓もう活動が広まったこともあって利用者の数も増加しています。
このピルが避妊や不妊治療を最大の目的としているということは現在でも変わらないのですが、しかし最近ではこれとは別の用途に置ける活躍も見出されるようになりました。
その別用途での活躍となるのが「ピルを用いたがん予防」というところです。
数年前まではむしろ乳癌のリスクを増大させるというように見られていたのですが、では現在はどのように扱われているのかと言うと、特定のがんに対してはリスクを増大させるどころかリスクを減少させると見て間違いないだろうというように考えられるようになりました。
まず乳がんに関してですが、これは残念ながらピルを服用させることで予防が出来るとは言い切れない部分があります。
と言ってもリスクの増大に繋がるというデータはありませんから、ほとんど影響は出ないものとして考えることもできるでしょう。
それよりも注目するべきは子宮体がんと卵巣がんの二つのがんについてです。
まず子宮体がんの発生リスクを増大させる要因はいくつもありますが、その一つとなっているのが「子宮内膜が厚くなること」でした。
これは月経によって自然発生することであるため、そこまで過敏に警戒をする必要はないのですが、女性ホルモンを経口摂取することによって月経は一時的に停止しますから、子宮内膜が厚くなることはありません。
次に卵巣がんですが、これは排卵を抑制するために卵巣が休憩を獲れるようになりますから、当然ながらがん予防の効果が期待できます。
つまり子宮体がんと卵巣がんの二つについては、明らかな予防効果があるとみられているのです。
この他にも女性特有のがんとしてあるのが子宮頚がんですが、これに関してはピルを服用したから予防できる、悪化するということはありません。
というのも、これはがんという名前ではあるものの、原因としては性行為によるヒトパピローマウイルスへの感染となっていますから、女性ホルモンが大きく関与することはないのです。
こうしてみると「絶対にがんを予防できる」というのは流石に言い過ぎと言う部分がありますが、しかし特定のがんに対しては予防の効果がありますから、家族や親戚にがんで亡くなった人がいるという家系なのであれば、予防的に服用していくことのメリットは決して小さくないと言えます。